サイトを快適にお楽しみいただくためにも、JavaScriptを有効にしてください。 MacBookが入るオシャレなCote&Cielのリュックサックのレビュー

PengNote

勉強した事や行った場所の感想を書くブログ

MacBookが入るオシャレなCote&Cielのリュックサックのレビュー

Cote&Cielのリュックの画像1

これも書くタイミングをいつにしようかと迷っていたのですが、
Cote&Cielのリュックサックが購入から約一ヶ月経ったので使い心地を書こうと思います。

使っていたリュックが1,2週間の間に連続して壊れたため、何か欲しかったのと、過去記事 Webデザイン集中講座@京都に行ってきた! が近かったので尚更新しいリュックが欲しくなりました。

他にも色々といいものは見つけたのですが、結局行き着く先がCote&Cielのリュック。これは恋か!
特に立ち寄ったのは、

OZPAさんの記事ノートPCを収納できるお洒落なバックパック!「Cote&Ciel(コートエシエル)」のラップトップリュックサックを購入した

独特の形状と、収納の多さには惹かれるものが多かったです。

カラーリングが豊富

定番のブラックやホワイトの他、アトランティックブルーやオレンジ、イエローなどのカラーリングもあるようです。

選択肢が多いっていいですね!

Evernoteとのコラボレーションを行っていたりもしました。

A LIVE/WORK STATEMENT – Evernote Market

ちょっと奇抜すぎて俺には使いこなせない…!

とにかく収納が多い!

大きく分けて、背負った時に背中が当たる背面部分と、外側の大きなポケット部分に収納があります。

背面部分

MacBookを入れる為のスリーブやポケットが幾つかあります。

背面を覗きこんだ画像
一番手前のスリーブにMacBook Airを入れた後、ACアダプターなどの周辺機器やタブレットなどをポケットに入れることもできます。この他に勉強の為の本を入れていることもあります。

外側部分

外側部分はとても大容量で、ノートやファイルなどの大学での筆記用具やテキストの他、以前書いたNUboardを入れたり、勉強中の本。曜日によっては更にサークルの練習用の服やシューズを入れたりしています。

今回は試しに、
外側に入れてみたもの

  • ペンケース
  • ファイル
  • レポート用紙
  • 以前書いたNUboardを入れたり
  • 勉強中の本である、基礎からのWordPress(高橋のりさん)

を用意しました。手の届く範囲にあったので。

これを入れてみると…

入れてみた時の画像

色々隠れてしまいましたが、こんな感じに入れることができ、更にバンドで固定することもできます。
これで揺れない!
まだまだ余裕があります。
多分この二倍の数入れても大丈夫です。

更にココには2つポケットがあり、大きい方にペンケースを入れ、小さい方にたまに小物を入れたりしています。

大きさは二種類

MacBook Airの11〜13インチが入る大きさと、
MacBookProの15〜17インチが入る(んだったかな)
の2サイズがあります。

前述した勉強会への参加が泊りがけだったのと、そのうちMacBook Airが壊れたら今度はProを…とか考えて大きい方のサイズを買いました。

おかげですごくたくさん入ります。そりゃもう空間が有り余るくらいに…。

ちなみに、着替えを1日分と、夜寝るときの服などを入れるとパンパンになりましたが、かなりの量が入りました。

普段使っていると友達に「お前どこ行くんだ?」ってよく言われます。
別に大学以外どこにも行かないんですけどね

とにかく大容量で、背負うと重さを感じない

普段結構な量を入れます。
例えば、

         

  • MacBook Air 13インチ
  • 充電器
  • 講義のノートが入ったファイル
  • 筆記用具
  • 技術書

とか

なかなかの重量になりますが、背負うとそんなに重さを感じないんです。
よく分かりませんが、そういう工夫がしてあるんだとか?

少し気になる点

肩紐を調節する部分が滑りやすいのか、斜め下に引っ張るとすぐに緩みます。

それを除けばとても良いリュックだと思います。

というわけで、Cote&Cielのリュックサックのレビューでした。